詰め物が取れたときは歯医者でどのような治療をするか

###Site Name###

物を食べたり歯を強く磨いたりしたとき、詰め物やかぶせ物がとれることがあります。

こういった場合は歯医者に行く必要がありますが、その際詰め物やかぶせ物を持参しなくても大丈夫です。

詰め物やかぶせ物が取れてしまう原因は虫歯が大きくなった、歯茎が弱くなったということにあります。

虫歯が大きくなった場合はつけていたものは再利用することはできません。

そのため、歯のレントゲンを撮り直し、虫歯の深さ、歯の形状などを調べます。



その後、歯の中をきれいに掃除をし、改めて型を取ります。

型を取った後は仮詰めをし、その後再びかぶせ物をします。


だいたいの場合は以前よりも大きいかぶせ物をすることが多くなります。
歯医者では神経をなるべく抜かない、ということに力を入れています。

気軽にgoo ニュースの初心者向けの簡単な紹介をしているサイトです。

これは高齢者になっても自分の歯で食事をしてほしい、という願いからです。
神経の処置をしてしまうと歯がもろくなる傾向にあるため、それをさけるために丁寧に治療を行っていきます。

そのため、治療期間は一般的に長くなります。
歯の詰め物は一生使える場合とそうでない場合があります。

さらに身近になった渋谷の歯医者の情報がいっぱい詰まったサイトです。

一生使えるようにするには歯茎の状態をよくし、虫歯を作らないことです。

また、ガムや飴などねばねばと歯につくものも避けた方が無難です。
少しの注意で長く使えることができるので日ごろからケアに努めるようにします。

なお、詰め物やかぶせ物を飲み込んでしまった場合は、呼吸が苦しくないか確認をします。

そのうえで歯医者に飲み込んでしまったことを相談すると良いです。