悔いが残る葬儀としないためには事前相談が大切です

葬儀に掛かる費用は全国平均で200万円前後と高額なものです。
また、最近特にご高齢でなくなった場合に一般的になってきた「家族葬」とか「小さなお葬式」と呼ばれるものでも50万円~70万円は掛かります。

葬儀の相談サイトを見つけることができました。

しかし、このお葬式の費用は未だに葬儀業者の見積もりなどが比較検討されることなく、訳も分からず慌てて病院の霊安室に控える、病院と契約しているお抱えの業者にそのまま依頼するケースが多いのです。
まだ生きているのに、葬式の見積もりなどはとんでもないという気持は当然ですが、ご高齢のご家族がいて、すでに入院されていて死期が近いと判断された場合などは、ご家族ともよく相談して、思い切ってお葬式の規模や葬儀社を事前に調査しておくことが必要ではないでしょうか。



お葬式は単なる儀式ではなく、故人とのお別れを覚悟する大切なステップでもあります。
葬儀社の役割は、葬具の提供や手配だけではなく、滞りなく葬儀を進め、悲しんでいる遺族を様々な面からサポートすることにありますが、どんなに立派な祭壇を用意させても、残念ながらいい加減な対応や基本的なマナーすら守らない業者、金儲けだけが目的の業者も存在します。
ろくに調べないでそんな業者に依頼してしまうと、大切なお葬式がいつまでも悔いが残るものとなってしまいかねません。

「高くて大切な買い物」だからこそ、事前に電話だけでも良いので数社に相談しておくことをお勧めします。

東京新聞にアクセスしてください。

また、既に檀家である場合であっても菩提寺のお寺に事前に相談して、お葬式の規模やお布施の金額などを率直に聞いておくことが必要です。